犬のノミを予防、治療、殺す方法

犬のノミを予防、治療、殺す方法

犬のノミを予防、治療、殺す方法

 

犬のノミのコマンドと管理には、組み込まれた方法が必要です。効率的な治療のために、各群衆のペットと雰囲気は実際に同時に扱われるべきです。動物に対するノミの命令は、通常、農薬を使用する必要があります。ノミ取り櫛はいくつかのノミを簡単に取り除くことができますが、ブラッシングは実際にはすべてのノミを取り除くのではなく、ノミを見つけるための技術と見なされるべきです。

ペットが実際にノミ以外のさまざまな問題(直腸腺の関節運動など)に対処する場合、これらの治療は、屋内粘膜層への殺虫剤の曝露を減らすために殺虫剤の要求の前に実際に実行する必要があります。

犬のノミを予防、治療、殺す方法

ノミの駆除のために、さまざまな農薬が実際に提供されています

ピレトリンとピレスロイドは、実際に最も手頃な哺乳類の中毒を持っています。これらの農薬は、ヘアシャンプー、汚れ、粉末、ムース、エアロゾル、非エアロゾルヘイズ、さらにはスプレー、ディップ、スポットオン、ロールカラーなどからなるさまざまな処方で入手できます。歯科用の有機リン系医薬品は、獣医師から処方されたものを通じて実際に提供されています。

さらに、一部の動物用処方には、ペットのノミの卵を排除するバグ開発規制当局(IGR)が含まれています。 *すべての殺虫剤タグをチェックすること、およびすべての投与指示と予防措置を遵守することを忘れないでください。

ノミの駆除に利用される農薬は、一般的に有効性と中毒が異なります。フォーミュラを選択する際に考慮すべき要素は、タイプに加えて、ペットの寸法、価値、および年をとることで構成されます。

グレイハウンド

たとえば、グレイハウンドは実際には非常に化学物質に敏感なタイプであり、他のほとんどのさまざまな犬と比較して、実際には非常に意識の高い殺虫剤です。これらの犬のノミの首輪やノミを殺すエンブレムを接続しないでください。グレイハウンドでは、クロルピリホス、DDVP、メトキシキオール、さらにはマラチオンを使用しないでください。

ネコ科の動物は、実際には犬歯に比べて非常に意識の高い有機リン系農薬です。

さらに、ネコ科の花婿は犬歯よりも自分自身で大きく、実際には髪の毛からの堆積物をなめることで殺虫剤を消費する可能性が最も高いです。

子猫だけでなく子猫

サイズが小さいため、大人のペットに比べて投与量を減らす必要があります。若いペットも同様に、大人のペットと比較して中毒が少ない農薬と一緒に治療が必要な場合があります。ペットを期待したり、世話をしたりすることは、実際には特定の農薬を意識している可能性があります。

実際には、特にデリケートな動物や、危険性の低い化学的ステップを必要とするその他のさまざまな状況のために、多くのアイテムが提供されています。これらは、柑橘類の皮のエッセンスであるd-リモネン、リナロール、シリカエアロゲルや珪藻土などの吸着性ダスト、バグ開発規制当局のフェノキシカルブ、さらには殺虫性クレンジング洗剤、メトプレンで構成されています。

これらの論文はあなたにとって国際的に見えるかもしれませんが、実際に懸念がある場合は、獣医といつでも簡単に話すことができます。彼らは実際に農薬に関する正確な情報を持っているだけでなく、動物のペットのノミのコマンドに利用しています。同様に、殺虫剤タグには、殺虫剤の特定の処方が実際にどのように使用されるべきか、また実際に使用されるべきではないかについての正確な情報が含まれている必要があります。 *コンパートメントを開く前に、これらのタグを確認することを忘れないでください!

犬のノミを予防、治療、殺す方法

ノミの駆除に農薬を利用する場合

アプリケーター、特にあなたの動物だけでなく、あなたも農薬にさらされる可能性があることを覚えておいてください。タグは、リクエスト全体でハンドウェアカバーやその他のさまざまな安全装置を使用する必要がある場合があります。また、治療が乾くまで、動物が脆弱な手のひらと一緒に実際に扱われないようにすることをお勧めします。タグに記載されている個々の安全装置はすべて実際に使用する必要があります。最も低い要素として、耐薬品性のハンドウェアカバー、エプロン、および安全メガネは、農薬をブレンドするときだけでなく、皮膚層への殺虫剤の曝露を避けるために要求全体を通して実際に使用する必要があります。

ワークスペースは、農薬の管理に実際に適している必要があり、苛性アルカリ製品に対して実際に耐性がある必要があります。ステンレス鋼の準備作業のダイニングテーブルだけでなく、ステンレス鋼またはセラミックの浴槽も実際には完璧です。同様に、ペットの体のシステムの特定のコンポーネント(目など)は、実際に農薬を意識している可能性があり、要求全体を通して実際に保護する必要があります。ノミの「爆弾」(エアゾール缶と自己放出メカニズム)を利用する場合は、すべての予防策を遵守するとともに、実際に取り扱われている場所から来る動物を排除してください。ちなみに、極端なエアロゾルを利用することは実際には違法であり、爆発を引き起こして終了する可能性もあります。

Author: Bryan Martinez